金券ショップでのレジャー・遊園地チケットの上手な売り方

遊園地のレジャーチケットを金券ショップに売る時は、ポイントを押さえておけば損をしません。高値で売れるコツを知っておきましょう。

事前の入念な下調べが大切

遊園地の運営会社の株主になっていると、運営会社の方針によって異なりますが、年に数回または特定のタイミングなどに株主優待券として、遊園地の入場チケットやアトラクションに乗り放題のパスポートチケットなどが送られてきます。送られてくる枚数や回数は、保有している株式数に合わせて決められているのが特徴です。この株主優待券が目当てで好みの遊園地やテーマパークの株主になる方もいます。株主優待入園券は期限が定められているため、その期限内に使い切る必要がありますが、送られてくる枚数が多かったりその遊園地から離れた場所に住んでいると、送られた株主優待入園券を使いきれないこともあるのが現状です。そのままにしておいてはもったいないので、金券ショップに持ち込んで現金化する方が多くなっています。しかし、同じレジャーチケットでも金券ショップによって買取価格は大きく異なるため、闇雲に持ち込むのは賢くありません。事前に下調べしてどの店舗に持ち込むかを慎重に検討しましょう。

相場価格を知ることが第一歩

#ディズニーシー #ディズニーチケット

Rio"♥さん(@rio180503)がシェアした投稿 –

最近はホームページで買取金額を提示している金券ショップも増えています。ネットショップだけでなく実店舗を構えているところなど、金券ショップにもさまざまなタイプがありますので、まずは買取して欲しいレジャーチケットの買取価格の相場を調べましょう。複数の店舗のホームページをチェックすると良いです。大体の相場価格が分かったら、どのお店に買取依頼をするのかを決めますが、WEB上の店舗と実店舗の両方を構えているお店の場合、ホームページに掲載されている価格と実店舗での買取価格が異なる場合があります。一般的にWEBの方が実店舗より高値です。しかし、WEB店舗に買取依頼をすると、送料や代金の振込手数料がこちら持ちになるため、かえって損をする場合があるので注意が必要です。

おすすめは店舗に出向くこと

レジャーチケットの買取を依頼する場合は店舗に出向いて交渉するのがおすすめです。売りたいチケットの名称を言った上、本日の買取価格はいくらになるかを尋ねると、買取初心者でも足元を見られることはありません。レジャーチケットはGWや夏休みなど、長期休暇

前の方が高値で売れることも知っておきましょう。

まとめ

レジャーチケットを高価買取してもらうためのコツを紹介しました。