金券ショップで動物園などのレジャー券・入園券をお得に購入

レジャー券と言うと種類が多いのですが、入手する方法は対象のレジャーパークで購入、株主優待で貰う、金券ショップで購入などではないでしょうか。レジャー権の種類から、人気のレジャーパークに至るまで、お得にできる方法をみていきましょう。

レジャー券の種類

まずはどんなタイプのレジャー券があるのか、金券ショップで売買できるのか、みていきましょう。レジャーパークに入園だけ出来る「入園券タイプ」。これは遊園地や動植物園に多いタイプです。レジャーパークに入園、乗り物にも乗れる「パスポートタイプ」。これは遊園地に多いタイプです。レジャーパークにあるゲームを複数回楽しめる「金券タイプ」。ゲームセンターやアミューズメントパークに多いタイプです。入場券と引換えが出来る「交換券タイプ」。これは野球やサッカー観戦に多いタイプです。どのタイプでも、一概に金券ショップで買取不可という事はありません。しかし、レジャーパーク自体に人気が無い場合、もしくはレジャーパークに人気があっても不人気のサービスのレジャー券である場合が、買取不可になります。

人気のレジャーパーク

CSさん(@_circle_series_)がシェアした投稿

レジャーパーク自体の人気を知っていれば、そのレジャー券の価値が分かるという事になります。遊園地のレジャー券の人気は高いです。もちろん、ディズニーやUSJなどの人気の高い遊園地のレジャー券はなおさらでしょう。ですが、本人確認が必要なパスポート券や優先入場券などの他の人が使えないものは、買取不可になるので注意してください。スキーのリフト券などのレジャー券も人気が高く、入手しやすいです。ですが、冬季限定であることと、有効期限が迫っているものの価値は低くなっていきますので注意しましょう。動物園、水族館、植物園、温泉や入浴場などの「入園券タイプ」のレジャー券も人気です。これも有効期限が設定されているものも多いので注意しましょう。

金券ショップで売買する時の注意点

金券ショップで人気があるものはわかりましたが、売買する時はどうすれば良いでしょうか。レジャー券となると、金額が一万円以上になるケースが多いでしょう。一万円以上の購入の時にも、本人証明が必要となります。一万円以下で本人証明が不要のところもありますが、何度も足を運ぶと怪しまれますので、面倒ですが、本人確認がとれる証明書を持参しましょう。また、18歳未満の方は買取りでも保護者の同意書が必要となります。青春18切符などを安く金券ショップで購入しようとされている18未満の方は要注意です。基本的な事になりますが、店によって、売買する時の金額が変わってきます。納得できるまで、お店を回ってみてくださいね。

まとめ

レジャー券などの金額の多くなるチケットは、安く買いたいですし、できる限り高く売りたいものです。その為には人気があるものはどれで、どのお店で売買すべきか、下調べは必須です。少しの手間で最大限の得を狙ってみましょう。

続きを読む